THE LOVERS

The Lovers

Sound installation | wooden bench, loudspeakers | 2015

On this fake wooden bench are two loudspeakers which are exchanging during a dialogue. From one of them we can hear a woman’s voice repeating: «Oh James ...» from the other, a man’s voice repeating: «Oh Catherine ...».

The whispering voices subtly vary the pace, tone and mood. They are sometimes tinged with nostalgia, love, yearning, despair, bitterness, tiredness, but endlessly repeat these same words, looking like a refrain taken from one of the early sentimental talking movies in the 30’s.

作り物の木製ベンチの上で二つのスピーカーが会話を交わす。
一つのスピーカーからは女性の声で「Oh James…」、もう片方のスピーカーからは男性の声で「Oh Catherine…」というやりとりが繰り返される。


その囁き声は微妙に速さ、口調、雰囲気が変化し、時々郷愁、恋、憧れ、絶望、苦痛、疲労といった空気が漂っている。それはまるで30年代のアメリカにおけるロマンス映画の感傷的な会話のようなこのフレーズが続けて繰り返されている。